いざ!ノイシュヴァンシュタイン城へ…

ノイシュヴァンシュタイン城はルートヴィッヒ2世の空想の世界を現実にした夢のお城でもあります。

▼ ▼ ▼

プロイセンVSオーストリア

ルートヴィッヒが王位に就いた頃は、バイエルンを取り巻く情勢は複雑なものになっていました。

ドイツは歴史的に元々、各地の諸侯の力が強くなっていてこともあり、地方分権が発達していました。フランスやイギリスは王権の強かったのですが、地方分権が強いということあって国家としてのまとまりに欠けていました。国家の概念に「ドイツ」ということ自体が曖昧なものでした。

すてきなお城を見に行こう

多彩なデザインを取り揃えるインポート振袖ショップです。 振袖 船橋 の販売・レンタルならきもの振袖専門店プラチナ館へ!

やっぱり城が好きという貴方へ

プロイセンVSオーストリア

19世紀後半に、イギリスで始まった産業革命の波がドイツにも流れ込んできましたが、小国が分立しているので十分な経済圏がなかった当時のドイツでは、重工業がイギリスのように発展していくことが難しい環境でもありました。そのような状況もあり、ドイツ民族の統一を求めることをスローガンにした民族主義が各地で高まっていきました。そのドイツ民族の統一をするには、どの範囲で統一をするか?!ということで意見が分かれて、オーストリアを含める「大ドイツ主義」とオーストリアを含めない「小ドイツ主義」とで対立していました。

「ドイツ連邦」はナポレオンが失脚した後のウィーン会議で誕生していますが、その「ドイツ連邦」を土台とした「大ドイツ主義」は、その議長国でもあるオーストリアが旧神聖ローマ帝国全域をドイツとして統合しようとした動きのことを「大ドイツ主義」と言います。

「大ドイツ主義」に対する「小ドイツ主義」は、ドイツ民族以外の諸民族を多く含んでいるオーストリアを排除して、純粋なドイツ民族だけで国家をつくろうとする動きでした。そして「小ドイツ主義」の中心となっているのは、新興の強国プロイセンでした。

プロイセンでは、いち早く改革を進めて国力で他を圧倒しました。プロイセンは4つの王国と18の君主国、3つの自由都市だったドイツを1つの国家としてまとめていて、その実権を握ろうと虎視眈々と狙っていました。プロイセンで敏腕を振るっていたのが、国王ヴィルヘルム1世の右腕として敏腕を振るった希代の政治家のビスマルクです。

ドイツ統一の主導権をめぐってプロイセンとオーストリアの対立が激化していき、国際的緊張が高まる中の、1864年1月に、プロイセンとオーストリアは同盟を結びました。そしてデンマークの根っこにある、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン両公国に共同出兵しています。それはルートヴィッ2世が、国王の座に就く直前のことでした。シュレスヴィヒ・ホルシュタイン両公国への共同出兵した大義名分は、民族紛争の解決ということでしたが、その分け前をめぐってまたまたプロイセンとオーストリアは対立してさらには、一触即発の状態にまでなりました。

ルートヴィッヒ2世はこのように緊迫した情勢の中で、国王として即位しましたが、激しく争っているプロイセンとオーストリアの中間に位置するバイエルンは中立策を取ることにして、どちらを支持するのかはっきりとした態度を示さずにいました。

バイエルンという国は、ルートヴィッヒ1世の時代から、特に芸術と文化の発展に力をいれてきました。しかし軍事力に関してはあまり重視していなかったので、財政の倹約のために軍事力まで削減しているほどでした。そして、バイエルンでは平和な国でもありました。半世紀も戦争がなかったので、バイエルン国の国民の大半はのんびりとした平和な暮らしに満足していたので、ドイツの覇権争いは他人事のように考えているところもありました。しかし、プロイセンとオーストリアの激しく対立している状況はさらに緊迫していくことになり、バイエルンがこのまま中立策といった曖昧な態度を取り続けることが難しくなってきました。プロイセンか?!オーストリアか?!と、即急にどちらにつくのかをハッキリと決める必要がありました。

バイエルンとオーストリアは、古くから同じような文化圏にありました。バイエルンのヴィッテルスバッハ家とオーストリアのハプスブルク家との関係は姻戚関係も深くあったこともあり、オーストリアとバイエルンはは姉妹国のような関係にありました。そして1866年5月に、バイエルンの議会は、オーストリア側につくことを決定して、ルートヴィッヒ2世に対して開戦に備えての動員令への署名を求めました。

ルートヴィッヒ2世は、美を愛していて、彼の理想と空想の世界に生きていた彼にとっては、戦争という厳しい現実はとても耐え切れないものでした。ルートヴィッヒ2世はしぶしぶながらも署名はしていますが、見るも哀れに取り乱して、自分が退位して王位を弟のオットーに譲ると言い出してベルク城に引きこもってしまいました。ルートヴィッヒ2世は、伝説の世界の英雄には憧れるルートヴィヒでしたが、現実の醜い争いごとには繊細な神経が耐えられないのでした。

1866年6月16日にプロイセンは宣戦布告します。ホルシュタインのオーストリア統治地域を占領して、プロイセンとオーストリアとの普墺戦争が始まりました。

この戦争が始まると、ルートヴィッヒはシュタルンベルグ湖に浮かぶローゼンインゼル(薔薇島)に閉じこもるようになりました。このローゼンインゼル島には王家のヴィラがあったので、ルートヴィヒが小さい時からこの場所をこよなく愛していた場所のひとつでもありました。この非常事態に国王の姿が見えなくなってしまったことに、周囲は大慌てします。まだ21歳の若い国王とはいっても、「こういう時にこそ、毅然として立ち振る舞うのが君主たるものの姿であり務めなのに・・」と周囲はルートヴィッヒへの不信感を募らせていきました。

勝敗を予測すると、その勝負は五分五分の戦いでしたがプロイセンの参謀総長、モルトケの軍略によってプロイセンはこの戦争を優位に進めていきました。開戦前にプロイセンは、兵員輸送のための鉄道や命令伝達のための電信網をすでに配備して準備をしていたこともあり、開戦してからプロイセン軍は迅速に進撃を行うことができました。7月にオーストリア軍はケーニヒグレーツ(サドワ)でプロイセンに敗北します。そしてその1週間後に、バイエルン軍がキッシンゲンで大敗してしまいました。この戦争を嫌ったルートヴィッヒの気持ちが天に届いたのか?!普墺戦争は開戦からたった7週間で決着することになりました。

戦争に負けて、絶望したルートヴィッヒは薔薇島からワーグナーに手紙を書き送っているのが残されています。

「至るところ偽りと裏切りに満ち、宣誓は何の役にも立たず、約束は踏みにじられます。我々の主権が奪われ、プロイセンに隷属する時は万事終わりです。実権のない影の王になどなりたいとは思いません。しかし、まだ希望は捨てていません。どうかバイエルンの独立が守られますように・・・」

この普墺戦争での勝負の結果、オーストリアが主導していた「ドイツ連邦 」は解消されることになり、プロイセンの主導権でのドイツ統一が確固としたものになりました。1867年にビスマルクは普墺戦争の勝利をもとにして、プロイセンと北ドイツ諸邦を「北ドイツ連邦」としてまとめることになり、ドイツ統一へ向けての第一歩を踏み出していきました。しかし、バイエルン王国を中心としたドイツ南部の諸邦には反プロイセンで親オーストリアの気風が色濃く残っていたこともあり、プロイセンはまずオーストリアを除いた小ドイツ主義によるドイツ統一を目指すことに留めていました。

バイエルンのルートヴィッヒ2世は、ひとまずプロイセンの決断にホッと胸を撫で下ろすことはできましたが、数年後に、また再び国家間の厳しい戦いの中に引き込まれていくことになります。